費用について

弁護士費用について

 弁護士費用は、案件の内容によって、処理の難易度、弁護士の労力が大きく変わってきますので、ホームページ上でわかり易く費用の説明をすることができません。詳しくは、事件を受任する前に、直接お話しさせていただいて決定することになります。あくまで参考としてご覧ください。

 

費用の種類

 弁護士についての費用は、相談料、実費、着手金、報酬金があります。また、遠方への出張が伴う案件については、別途日当を請求させていただく場合があります。

相談料 弁護士と相談することでお支払いいただく費用です。
ただし、相談だけにとどまらず、引き続き案件を依頼される場合には、相談料はいただきません。
着手金 案件を受任した際に、お支払いいただく費用です。
案件の処理の結果に関係なくいただく費用です。
実費 郵便費用、交通費など、弁護士が案件を進めるためにかかる費用です。
案件を受任する時に、想定される費用の金額をお預かりして、案件が終了した際に精算します。
報酬金 案件の処理が終了した際にいただく費用です。
案件の処理の成果によって金額が異なります。
日当 遠方の裁判所への出張など、長時間の移動を伴う案件の場合にいただく費用です。

 

費用の目安

相談料 30分あたり5400円(消費税込)
着手金

 一般的な民事事件の場合(金額は依頼者の方が求める経済的利益)

300万円以下  8% 
300万円を超え3000万円以下  5%+9万円
3000万円を超え3億円以下 3%+69万円
3億円以上 2%+369万円

・別途消費税をいただきます。

・相手方との交渉を要する案件については、経済的利益の金額に関わらず、最低10万8000円(消費税込)の着手金をいただいています。

・内容証明郵便の送付など、簡易な手続きで処理できる見通しの案件については、5万4000円(消費税込)の着手金をいただいています。

・家事事件、刑事事件など、案件の金額が不明なものについては、ご相談ください。

実費 案件の内容によりますが、通常5000円~2万円をお預かりしています。
報酬金

 一般的な民事事件の場合(金額は依頼者の方が得た経済的利益)

300万円以下  16% 
300万円を超え3000万円以下  10%+18万円
3000万円を超え3億円以下 6%+138万円
3億円以上 4%+738万円

・別途消費税をいただきます。

・家事事件、刑事事件など、案件の金額が不明なものについては、ご相談ください。

日当 近畿地方以外の場所に出張する場合、1日あたり3万円を目安として日当をいただいています。

 

法テラスの法律援助について

 経済的理由により、弁護士費用を支払うことが困難な方については、日本司法支援センター(法テラス)の法律援助を利用することができます。

 

法テラスの法律援助は、

  1. 依頼者、法テラス、弁護士の三者で契約を結ぶ。
  2. 弁護士費用は法テラスが決定し、その費用を法テラスが立て替えて弁護士に支払う。
  3. 依頼者は、毎月5000円から1万円程度の分割支払いで法テラスに弁護士費用を返済していく。

 という制度です。また3については、生活保護受給者など返済が困難な依頼者には、返済を猶予、免除する制度もあります。当事務所では、法テラスの法律援助を積極的に利用して案件を受任していますので、弁護士費用を心配されている方も気軽にご相談ください。