勾留に対する準抗告が認められました

 最近、逮捕手続の違法を理由として、被疑者勾留に対する準抗告が認められたケースがあったので紹介します。

  逮捕のあと勾留されてしまうと、原則10日間、延長されると最長20日間、警察署の留置場に拘束されて取調べを受けることになるので、仕事に行けずにクビになるなどの不利益が大きいですし、そもそも逮捕、勾留手続に違法な点がなかったか、逮捕、勾留を許可した裁判官とは別の裁判官に改めて審査してもらう必要がある場合もあります。そのための不服申立手続が準抗告です。

 

 事案は次のとおりです(プライバシー等に配慮して一部変更、簡略化しています。)

 

 午後11時ごろに職務質問を受けた被疑者は、午前0時ごろに緊急逮捕され、警察署に留置されました。緊急逮捕の後には直ちに逮捕状を請求しなければなりませんが、警察官の逮捕状請求が裁判所に却下されたため、被疑者は午前6時30分ごろに釈放されました。しかし、被疑者は警察官に所持品の還付、書類の作成など様々な手続を理由に、警察署に留め置かれました。被疑者は、食事や飲料を取らせてほしい、弁護士に連絡したい、家に帰してほしい、などと訴えたが、いずれも警察官は認めませんでした。その間に警察官が再度逮捕状の請求を行い、発付された逮捕状により、午前9時15分ごろに再び逮捕されました。

 

 この事案について、私の準抗告申立てを受けた裁判所は、職務質問を開始してから、釈放されるまで7時間以上経過しており、緊急逮捕による身体拘束が深夜の時間帯であったことを考慮すれば、釈放後直ちに被疑者の身体拘束を解くことを優先すべきであるのに、その後も約3時間近くにも渡り、被疑者の要求を受け入れなかったことは、任意捜査の限界を超えた実質的な身体拘束として違法であり、違法の逮捕手続を前提とした勾留請求は却下されなければならない、と判断しました。

 

 犯罪を取り締まるという警察官の職務の重要性は理解していますが、無実の人が不当に逮捕・勾留されないように、逮捕・勾留の手続については、法律で定められたとおり行う必要があります。警察官に悪意があったのか、正義感によるミスなのか知る由もありませんが、事後的とはいえ、警察官の職務の適法性をチェックするという弁護人の役割を果たせたことは良かったと思います。